小倉記念のレース傾向

なお、分析データは、
現在と同じ施行条件になった過去6年を対象としています。


1. 人気

1番人気 3回 
2番人気 4回       
3番人気 2回 2回
4番人気 1回  
5番人気 1回 1回
6番人気 1回 1回
7番人気
8番人気     1回
9番人気     1回

上記の数字は、左から、
人気順位、連対回数、3着の回数です。

ご覧いただくと分かりますが、
同じハンデ戦でも、先週の「函館記念」とは打って変わり、
過去6年の連対馬は6番人気までに納まっており、
上位人気馬で勝負が決まる平穏なレースとなっています。
特にこ昨年、一昨年と2年続けて、1-2番人気で決着しています。

出走頭数も「函館記念」の平均15頭、「小倉記念」が14頭で、
ほとんど同じなので、どうしてこんなに顕著な違いがあるのか
正直よくわかりません。

でも、ハンデ戦だから荒れるといった常識に囚われないで、
的中馬券を手にするには、こういった客観的データによる、
冷静な分析が必要なことだけは確かです。


しかし、ハンデ戦でここ2年続けて1-2番人気での決着は、
普通でないので、今年あたりは波乱の可能性はあると思います。


2.脚質

逃げ  2頭
先行  3頭 
差し  3頭
追込  4頭

脚質による大きな差はないのがわかりますが、
珍しく、追い込み馬有利の傾向が見られますね。

小倉は小回りコースで、逃げ、先行馬が活躍しているように感じますが、
このレースに限ってはその常識は通用しません。

小倉2000m芝コースは、
スタート地点が4コーナー奥にあり、
スタートしてすぐに400mほどの直線を走るので、
その間に脚質に応じた各馬の位置取りが決まります。

しかし、面白いのが、枠順に顕著な差が見られることです。

1枠   
2枠
3枠
4枠  3頭
5枠  2頭
6枠  2頭
7枠  4頭
8枠  1頭

上記の数字は、枠順ごとの連対数です。

1~3枠が一頭も連対していません。

明らかに、中、外枠有利です。

これは、追い込み馬が活躍していることにも、
関係がありそうです。


4.馬齢

3歳馬  0頭
4歳馬  3頭
5歳馬   5頭
6歳馬  3頭
7歳上  1頭

4~6歳が活躍しています。

絶対数として、3歳馬の参加が少ないので、
3歳馬の連対が0はわかりますが、
7歳上は他の馬齢と同じくらい出走頭数がいるので、
高齢馬は割引が必要です。
今年3連覇がかかるメイショウカイドウにとっては、
嫌なデータです。


3.牡牝

牡馬 11頭
牝馬  1頭

この数字だけだと、
圧倒的に牝馬不利ですが、

もともと、牝馬の出走数が少ないので、
連対数を出走頭数で割った比率で比較すると、
ほぼ互角ですから、上記の数字ほど牝馬劣勢ではないので、
注意が必要です。

ちなみに、今年の登録馬も、
牝馬はサンレイジャスパー1頭だけです。


4.前走

G1レース  
G2レース  
G3レース  5頭 2,16,2,3,1
オープン  2頭 1,11
準オープン 
1000万      5頭  1,1,1,1,1
  
上の表は、連対馬の前走をクラス別に分類し、
その前走時の順位を時系列に列記したものです。

1000万クラスの条件馬の活躍が目立ちますが、
このクラスの連対条件は前走1着です。

しかし、他のクラスでも、前走連対していることが
連対の必要条件と言ってもよさそうです。


5.ハンデ

52k  2頭
53k  1頭
54k  3頭
55k
56k
56.5k 1頭
57k  3頭
58k  1頭
58.5k 1頭

上記は、ハンデ別連対数です。

軽量馬も、ハンデの重い馬も、
どちらも同じように活躍しています。

軽量馬の活躍は、前走の分析でもみられたように、
前走が条件クラスの馬の連対馬が多く、
そのためハンデも軽い馬が多いためです。

しかし、トップハンデの馬がここ3年連続連対しており、
ハンデの重い実力馬にも注意が必要です。

最近のブログ記事

競馬予想 無料 小倉記念GⅢ 全着順&払戻金
競馬予想 無料 小倉記念GⅢ 全着順&払…
競馬予想 無料 小倉記念 枠順決定
競馬予想 無料 小倉記念 枠順決定 &n…
競馬予想 無料 小倉記念 出走馬決定☆
競馬予想 無料 小倉記念 出走馬決定☆ …